Home 管理職向け対話力向上研修
PDF 印刷 Eメール
管理職向ダイアログ力向上(社内コミュニケーション活性)研修

プログラム概要

「対話」と一言にいっても、指示命令になってしまい、使えない技術が多数あります。
それは使い手側の「個性」を考慮にいれない「マニュアル的な対応」になってしまうからです。

本研修で意図する「対話力」とは「使える」「結果のでる」「新しい習慣を身につける」ことを意図して、
実感から「わかる」というような「使って試してみる」という双方向対話型の納得の研修を意図しています。

詳しくは近藤直樹の著作には「どのような方向性で行うか」ということがヒントになると思いますが、
適宜参加者の状況に合わせて適宜柔軟に対応していきます。


このような方にご利用頂いております

リスト 階層別

  • トップマネジメント/経営陣
  • マネジャー
  • 管理職(部長/課長など部門長)
  • 「指導」が必要な職種
  • プロジェクトリーダー
  • 業務の効率化を図りたい一般社員(セルフコーチング)

課題別

  • 自律的(自立)的な部下を育てたい
  • 初めてマネージャになったが、部下育成に力をいれたい
  • 長期的な育成計画と短期的な成果のバランスをとりたい
  • 顧客とWin-Winな関係をつくりたい
  • 世代間ギャップをうまく埋めたい
  • 技術職が多くコミュニケーションが希薄になりがちだ
  • 意志決定のために自己の「状態管理」を行いたい
  • 「成果体質」になりたい
  • プロジェクトで違った文化の人たちを束ねたい

等「人に関係する課題」に関してなら、様々な切り口で対応可能です



カリキュラム例

次のようなステップが一般的な研修実施の流れの例です。


1日目

リスト 1.コミュニケーションとは何か?
  1. コミュニケーションの全体像(モデル)
  2. コミュニケーションで何が一番大切か?
  3. 実習1信頼関係を構築するための「聴き方」 その1
  4. 実習2信頼関係を構築するための「聴き方」 その2
  5. 実習3 信頼関係を構築するための「聴き方」その3

リスト2.相手に伝わり「自分から進んで動くメッセージ」とは?
  1. 普段のメッセージはどのようになっているか?
  2. 能力を奪っているメッセージ
  3. 相手の能力を引き出すメッセージとは?
  4. 実習4 実際に「伝わる」メッセージを使う

リスト 3.関係性が崩れるときに心理状態
  1. 関係性が崩れるときの「急性疾患」:感情編
  2. 関係性が崩れるときの「慢性疾患」:構造編
  3. どうやったら崩れないですむのか?
  4. 実習5:実際に起きたときのことを取り組む

2日目

リスト4.  目標とビジョン・ミッション

  1. 目標があっても、「やらされている」感になるのはなぜ?
  2. 目標と同時に「ビジョン・ミッション」が必要
  3. 実習6ビジョン・ミッションを引き出すために
  4. 実習7ビジョン・ミッションを「構造化」する

リスト 5. ブレークスルー思考

  1. 止まりやすい構造
  2. 実習8ブレークスルーするために1
  3. 実習9ブレークスルーするために2
  4. 実習10集合知性を使ってブレークスルーを促進する

リスト 6. 回りを「巻き込む」コミュニケーション

  1. 自分一人では限界がある
  2. 「巻き込む」メッセージの構造とは?
  3. 「巻き込まれやすい」メッセージとそうでないメッセージの差
  4. 実習11実際に巻き込んでみる1
  5. 実習12実際に巻き込んでみる2

リスト まとめ

上記はカリキュラムのほんの一例です。実際には、御社の課題状況に合わせて
必要な内容を適切にカスタマイズして構成します。実施時間を含めてご相談下さい。


期待される効果例
  • 成果が向上し、仕事が楽しくなってきた
  • 「上司力」だけではなく、「部下力」も向上した
  • 人の「能力」を引き出せるポジティブ体質になれた
  • 自信がついた
  • チーム力・組織力が向上した
  • 仕事中にひらめくようになった
  • 効率化が計れ、残業時間が減った
  • やらされていると思う仕事が減って、積極的に自分から行うメンバーが増えた
  • 意思疎通が深まっている
ぜひ一度御社が持っている課題を私どもにご相談下さい。


 
© 2008 Be@work人の可能を引き出す | Joomla Template by vonfio.de