Home 課題解決思考ファシリテータ養成
PDF 印刷 Eメール
課題解決思考リーダーシップ研修

プログラム概要

実際に今必要な「課題」をもとに、チームとしてその課題を解決することを目的としています。
どのように「課題」をとらえればいいのか?実際に課題を解決するために対話によって、
集合知性を活用することを目的とします(第一段階)

ある程度の「対話」のエッセンスが身についてきたら、参加者が実際のその場をファシリテート(司会進行)
していただき、場を「動かす」ための必要な方法論を身につけていただきます。(第二段階)

必要性によってチーム全体のみにもかかわらず、個別の個人対応(Direction)を行うのも可能です。



このような方にご利用頂いております

リスト 階層別
  • プロジェクトメンバー
  • プロジェクトリーダー(およびプロジェクトの責任者)

リスト 課題別
  • 個人力で案件が動きがちで、「できる」人ほど、マネジメント能力がない
  • チームリーダーを育てたい
  • チームによって成果のばらつきがあるのをなんとかしたい(全体の底上げをしたい)
  • 同じような「問題」が発生しがちなので、それを解消したい
  • メンバー全員の意識を高め「チーム力」を向上させたい
  • 時間効率を高め、残業をなくしたい
  • 「全員参加型」の組織にしたい


等「集団コミュニケーションに関する課題」に関してなら、様々な切り口で対応可能です。


カリキュラム例

次のようなステップが一般的な実施の流れの例です。


    1. Day-1 研修(コーチング系統の研修および課題の明確化)6h程度
    2. Day-2-5 セッション課題にそって次のようなことを行います 3h程度

初日で決めた課題に関して、現状に関する各自の発表
問題の特定化
問題の背景にあることを明確化
解決策検討→アクションプラン決定
全体振り返り(学習効果向上)
まとめ        *必要に応じてショートレクチャーを行います。

    3. Day-6 研修ファシリテーション力向上6h程度
    4. Day-6-10 セッション課題に参加者がファシリテーターを行います。
    進め方は原則Day-2-5と同じです。

初日で決めた課題に関して、現状に関する各自の発表
問題の特定化
問題の背景にあることを明確化
解決策検討→アクションプラン決定
全体振り返り(学習効果向上)
まとめ      *必要に応じてショートレクチャーを行います。

上記はカリキュラムのほんの一例です。実際には、御社の課題状況に合わせて
必要な内容を適切にカスタマイズして構成します。実施時間を含めてご相談下さい。


期待される効果例
  • 自律的(自立)的なメンバーが育成された
  • チーム力を使って課題解決にあたりたい
  • 個人の能力の足し算以上にチームとして成果がでるようになった
  • リーダー層が育った
  • メンバー間同士の関係性が向上した
  • 成果が飛躍的に向上した
  • 離職率が減った(仲間意識が向上した)
  • 何でもいえる信頼関係が醸成された
  • プロジェクトで違った文化の人たちを束ねられた
ぜひ一度御社が持っている課題を私どもにご相談下さい。



お問い合わせはこちら
研修お申込はこちら



 
© 2008 Be@work人の可能を引き出す | Joomla Template by vonfio.de