Home キャリア支援セミナー(アピール力)
キャリア支援セミナー(自分軸面接力) PDF 印刷 Eメール
作者: Administrator   
2011年 6月 03日(金曜日) 15:07
記事インデックス
キャリア支援セミナー(自分軸面接力)
第二回目
すべてのページ

(下記のカリキュラムは、専門学校で実施しました)
自己アピール力を高め、「就きたい仕事」と出会うためのコミュニケーショントレーニング(全3回)

第一回目: [コミュニケーション・トレーニング 1: コミュニケーションの質]

進 行            内 容                            要 点                   
導入            課題のシェアとポイントアウト

効果的なコミュニケーションの必要性とトレーニングの意義 
→コミュニケーションの「質」の違いが「伝わり方」の違いを作る                   
講座の流れ解説、受講時注意点など依頼    
→トレーニング中心の内容/体で感じることに注目する                   

感覚コミュニケーション            「五感」によるコミュニケーションについて体感する             
→Be with/感覚的コミュニケーションに触れ、そのセンスをつかむ

グループエクササイズ
①色のゲーム                            →流れをつかむ                   
②人が持つ見えないテリトリーを実感する       →距離感を感じる                   
③五感だけで得る相手の情報にふれる          →一緒にいて聞こえてくるものを実在させる                   
全体シェア                            →受取る&ポイントアウト                   

聴き方      五感を使った「聴き方」を体感する                           
傾聴/効果的な聴き方を体験し、そのセンスをつかむ                   

グループエクササイズ

①評価しながら聴く テーマ:最近起こった嫌なこと   →私がその立場だったらどうするかを考えながら聞く
②評価しないで聴く                       →「ただ全てを受取る」ように聴く                 

ペアシェア                            →五感を使った「聴き方」とそうでないものの違いを掴む                   
→引き出される情報量の違いに注目する       (相手の「今」を引き出す=話すスペースを作る)

コミュニケーションの「質」            コミュニケーション5つの段階を解説                    
→「話す」前のコミュニケーションの重要性を確認                   
コミュニケーションの土台について    →相手に伝えたいメッセージを確実に伝えるセンス                   

まとめ          
作られた結果と参加を承認・感謝する     →次回への継続・参加意識を創作                                  

課題提示           
「傾聴」トレーニングの方法とやり方     →「聴く」を意識して作り、そこから起こった出来事を観察してくる                   


第二回目:キャリアビジョン構築 「世界で唯一の○○になる」

進 行            内 容                            要 点

コミュニケーション・トレーニングの目的と意義                         
→現状の問題点(就職時、就職後など)の把握とコミュニケーションが果たす役割の重要性を認識する                   

キャリアビジョン構築(自己の明確化)の意義  
→どんな○○(職業名)になりたいかをより具体化 する作業が自己の明確化につながる                    


ブレーンストーミング            ブレーンストーミングのやり方を解説しグループに分かれて実施                                               

グループエクササイズ           
①「恋人を10人作るにはどんな方法があるか」     →ブレストのやり方、流れを把握する                   
②「メイクアップアーティストになるにはどんな方法があるか」   →方法の可能を探る                  
※常識や枠を無視して数多くの方法を考える  

全体シェア                            →進む選択肢を増やし、ハードルを低くする                   

未来の自己キャリアの創作       
時間軸に沿って自分が未来に何をしているかを書き出す 
→時間軸に沿って自分の未来を創作することによってより自分の未来が
具体化・明確化し、進む方向を作る                   

ビジュアリゼーション                                                           
→リアリティの実感=実現の可能性の増加                   

現在の自己の創作           
自分が未来に向かって、今何が出来るかを書き出す
→現実に落とし込んで行動を引き出し、実現する構造をつくる  
(他人事から自分ごとへ:緊急性を作り、行動に移す)  


シェア

自分の未来を人とシェアする  
→人前でシェアすることにより自分のビジョンを自分の中に存在させる                   
グループエクササイズ          
→自ら創作した未来を自分で認め、受け入れると共に 自らその人生を生きる                   


まとめ           
創作された未来を承認・感謝し、今後の効果的な過ごし方を提案
→次回への継続・参加意識を創作                   

ペアをつくる  
→ペアをつくり行動の確認・報告等をお互いに行うようにすることで         
実現に向けて継続的に行動するしくみをつくる                   

課題提示           
2週間に行う行動目標とその具体を作る(プリント配布)    →チャレンジを作る                   

 

*3回目は省略。

 

最終更新 2011年 6月 03日(金曜日) 15:46
 
© 2008 Be@work人の可能を引き出す | Joomla Template by vonfio.de