個人のお客様企業のお客様へBe@workとは?講座・セミナーご案内
公開セミナーリンク
プライバシーポリシー

組織力向上研修
プログラム概要

個人力に頼ってばかりでは、組織は立ちゆかなくなります。
組織を「成果が起きる場」であり「学習が起きるフィールド」ととらえて組織力を向上させるための
インフラをつくります。

第一段階/個人力を向上
第二段階/関係性の向上(コミュニケーション力)
第三段階/場として機能する(フィールド、協有場の醸成)

必要性によってチーム全体のみにもかかわらず、個別の個人対応(Direction)を行うことも可能です。
お問い合わせボタン
ビーアットワークロゴ
組織力向上研修/組織を個人が活かすインフラとして機能させ、成果の控除を計ります
このような方にご利用頂いております

リスト 階層別 リスト 課題別


等「組織での人に関する課題」に関してなら、様々な切り口で対応可能です。

書籍リスト-著作集へ
お問い合わせ・お申込はこちらから お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから お申込はこちらから

対話による課題解決のビーアットワークHome>サービス法人組織力向上研修
期待される効果例
ぜひ一度御社が持っている課題を私どもにご相談下さい。

お問い合わせはこちら

お申込はこちら
カリキュラム例

次のようなステップが一般的な実施の流れの例です。

1 日目:自分力向上

リスト1.リーダーシップとは?
  1. (グループワーク)理想のリーダーとは?
  2. 日本に存在しない○○シップの本質
  3. 学習型リーダーの意義
  4. 実習1リーダーの理想について
リスト 2.責任と源泉性 
  1. 人が止まるときの「言い訳」の構造解析
  2. 言い訳によって喪失していること
  3. 実習2前進しないときの会話
  4. 責任を「能力」ととらえる
  5. 能力と脳力~モードの違い
  6. 実習3責任を創作する
リスト3.メンタルモデル
  1. メンタルモデルとは?
  2. 推論のはしご(実習4)
  3. 左側の台詞(実習5)
  4. 思考から行動科学へ
  5. 実習6自分の状態管理
2日目 関係性の向上

リスト4.対話のために
  1. コミュニケーションの4象限
  2. 主張と探究のバランス
  3. 「聴く」の4段階
  4. 効果的な伝え方「動かすから、動く」へ
  5. 実習7コミュニケーションワーク
  6. 実習8伝え方ワーク
  7. 実習9聴かれる場(待つ)
リスト5.ビジョン構築(プロジェクト志向体質へ)
  1. 目標と目的の違い→現実をプロジェクトとしてとらえる
  2. 「ビジョン」を会話によって引き出すエッセンス
  3. 実習10ビジョンを引き出す
  4. 具体化作業
  5. 実習11アクションプランの肝
  6. 限界突破思考
  7. 実習12プランを拡大する
リスト6.巻き込み力向上
  1. チームを巻き込むメッセージ
  2. 人は何で「巻き込まれるか」
  3. 実習13人を個人ビジョンに巻き込む
  4. 巻き込まれないときの心の中の会話
3日目 チーム力向上

リスト7.システム思考
  1. 現実はシステムとして動いている
  2. 時間のずれがシステムを見にくくさせている
  3. 課題解決思考の怖さ
  4. 実習14システム思考を使ったゲーム
リスト8.ダイアローグ
  1. ダイアローグとディベートの違い
  2. ワールドカフェ
  3. 実習15ワールドカフェ
リスト9.コミットメント
  1. コミットは「ノルマ」ではない:機能する枠組
  2. 実習16コミットする
リストまとめ

上記はカリキュラムのほんの一例です。実際には、御社の課題状況に合わせて
必要な内容を適切にカスタマイズして構成します。実施時間を含めてご相談下さい。